キャンプグッズが安く手に入る!100均で買えるおすすめグッズ15選

投稿日:2021年7月13日 | 最終更新日:2021年8月18日

本記事は一部にプロモーションを含みます

「キャンプグッズは高い」と全部揃えることを諦めてはいませんか?確かに外で過ごすキャンプは頑丈な作りのギアを用意したいところですが、高品質のものは値段も比例して高くなる傾向があります。しかし、キャンプブームの影響によりギアの需要が高まるにつれて、高品質で低価格なものも増えてきています。

中でも格安でキャンプグッズを購入できる100均には、予想以上に優れたギアが豊富に揃っているのです。今回はキャンパーなら是非とも知っておきたい便利な100均のキャンプギアをご紹介していきます。

100円ショップのブランドごとにご紹介していくので、各店舗へ探しに行ってみましょう。

キャンプグッズを安価で揃えるなら100均がおすすめ

出典:PIXTA

キャンプグッズは耐久性を上げるために、頑丈に作られています。特にテントやテーブル、チェアなどは強い衝撃や重みに耐えられるよう、どのギアも価格が高い傾向にあります。しかし耐久性に関係なく使用するアイテムは100均グッズでも問題ないと言えるでしょう。

代表的なものとしてはプラマグカップやプレートなどの食事に使用するアイテムは、100均のものでも問題ありません。さらに100均には様々な魅力を有したキャンプグッズが揃っています。中には耐久性や機能性が保証できない造りのギアもあるでしょう。

しかし、それでもお手頃な価格で手に入るメリットは、豊富なギアを準備しなければならないキャンパーにとって魅力的な部分です。これからご紹介していく100均キャンプグッズを上手く活用し、コストをかけずにキャンプを楽しんでみましょう。

ダイソー(Daiso)のおすすめキャンプグッズ

出典:PIXTA

100円ショップの店舗数No.1のダイソーは全国に展開されており、各ショップ充実した品揃えとなっているのが魅力的なポイントです。キャンプグッズも多数用意されており、そのほとんどが本格的な仕上がりで使い勝手の良さが光っています。

老若男女問わず愛されるダイソーのキャンプグッズからご紹介していきましょう。

8way ポケットナイフ

Instagram:@m___m.camp

ナイフは調理や木の枝を切る時など、様々な場面で活躍してくれるアイテムです。しかし大きなナイフだと、荷物としてかさばるだけでなく持ち運ぶ際の危険も伴ってきます。そこで、ダイソーの8way ポケットナイフがおすすめです。

こちらはナイフ以外に缶切りや栓抜き、コルク抜きといった食事の際に欠かせないアイテムが一つになっています。また、プラス・マイナスドライバーにピンセット、ピックも内蔵されているので、調理以外でも使える便利グッズです。

ポケットに収まるサイズ感なので、持ち歩いても邪魔にならないでしょう。

アルティメットコンテナ

イメージ画像出典:Unsplash

複数のギアを必要とするキャンプではあまりに多くのアイテムを持っていくことから荷物が整理できず、ゴチャゴチャになってしまいがちです。使いたい時にギアをすぐ取り出せないスマートじゃないキャンプとは今日でおさらばしましょう。

素早いテント設営・調理で役立つのが、アルティメットコンテナです。こちらはサイズが2種類展開されており、MとLから選べるようになっています。最大の特徴となるのが折り畳み式という点で、いざという時はコンパクトに収納できます。

また、スタッキング式なので同アイテムを積み重ねることも可能です。便利でありながらミリタリーカラーでデザイン性にも優れている点が、キャンパーの心を掴んでいます。

レジャー用防水バッグ 15L・3L

Instagram:@ko_m02018

ダイソーのレジャー用防水バッグはロールトップ型の防水バッグです。防水規格IPX6という様々な方向からの強力な噴流水にも耐えて、中身をまったく濡れさせない魅力を持っています。

中に濡らしたくない着替えやダウンシュラフなどを入れておくのがおすすめです。サイズ規格は15Lと3Lの2つがあり、15Lは500円、3Lは200円で販売されています。15Lには肩にかけられるストラップが付属されており、3Lの方にはリングが付いているので、カラビナに吊るして収納しても良いでしょう。

どちらも持っておいて損はないアイテムです。

クイックエクスパンドサンシェード

Instagram:@yukino_aragane

ダイソーではクイックエクスパンドサンシェードというテントも購入できるようになっています。この商品は子どもに適したサイズのミニテントですが、荷物置き場として使用できるなど、あると非常に便利なアイテムです。

ポップアップ式のテントなので即座に開いて設置できます。風に飛ばされないように固定すれば、小雨避けとしても使えるでしょう。収納バッグや固定用のペグ4本も付属しているため、別途購入が必要になってくるものもありません。

キャンピングハンモック

イメージ画像出典:Pixabay

キャンプに行くならば是非設置したいハンモックですが、意外とお値段が張るので持っていない方も多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、ダイソーの500円商品として発売されているキャンピングハンモックです。こちらは耐荷重60kgとなっているため子ども向けではありますが、荷物置き場としても重宝してくれます。

足場が濡れている時には特に活躍してくれるでしょう。また、袋もきちんと付属しているので収納に困ることもありません。念願のハンモックでおしゃれなキャンプを楽しみたい方は、まずはダイソーのキャンピングハンモックから試してみましょう。

セリア(Seria)のおすすめキャンプグッズ

出典:PIXTA

100均業界第2位のセリアも、ダイソーと同じく全国に展開しています。セリアの大きな特徴は、100均グッズとは思えないほどのデザイン性です。シンプルなカラーやデザインでありながらトレンドを押さえているため、特に女性から注目されている100均ショップです。

インスタ映えするデザインが多く、若い層には欠かせない100均ブランドとなっています。そんなセリアにも多数のキャンプグッズが展開されています。

Yペグ・Vペグ

Instagram:@m_k_0427

テント設置の際には必要不可欠となるペグは元から付属しているテントもあれば付属していないテントもあります。また、ペグをなくしてしまうという方も多く、そんな場合には購入を検討することでしょう。ペグは硬い地面に突き刺しハンマーで叩くとものによって変形してしまうものがあります。

そのためできるだけ耐久力のあるペグを選んだ方が良いのですが、セリアのYペグ・Vペグならば頑丈な作りなのですぐに曲がってしまうことはほとんどありません。1本100円という価格ではありますが、ペグハンマーでガンガン打ち込んでも折れることなく、しっかりとロープを引っかけられます。

材質がアルミ合金でできているので、使っていく度に先端が削れてしまうという点が気になるかもしれませんが、機能的には問題なく使えるのでおすすめです。

ファイアースターター

Instagram:@100.yssy.n

セリアのファイアースターターはマグネシウムの芯棒を付属のスクレーパーで擦ることによって火花を作り出せる商品です。発生させた火花を木の枝や葉、松ぼっくりに着火させれば、いとも簡単に火熾しができます。

手のひらに収まる火熾しグッズとなっているので、荷物が多くなりがちなキャンプでも邪魔になりません。ファイアースターターでの火熾しにはコツが必要なため、初心者には難しく感じられるかもしれません。事前に練習してみたり、うまく火がつかない時のために、ライターやトーチバーナーも一緒に持っていきましょう。

ファイアーブロアー

Instagram:@kochan_camp

セリアのファイアーブロアーは火熾しの際に使用するアイテムです。火吹き棒とも呼ばれており、ファイアーブロアーを使って着火した場所に息を送り込むと火を大きくしてくれます。ファイアーブロアーは一般的なメーカー品だと1,000円ほどですが、セリアのファイアーブロアーは100円で購入可能。コストパフォーマンスが非常に高くなっています。

ステンレス製で長さも変えられるので安全に使用でき、コンパクトに収納することもできます。ファイアースターターと併せて使うことにより真価を発揮するでしょう。

ウォーターバック・タンク

Instagram:@rakuda37

テントの設営場所によっては水が確保できないというところもあるでしょう。そんな時に活躍するのがこのウォーターバック・タンクになっており、セリアの商品は水を入れることによって膨らむため、普段はコンパクトに畳んで収納できるようになっています。
バック・タンクのどちらも取っ手が付いているので使い勝手も抜群です。取手をカラビナやS字フックに引っかけて簡易的な水道として使えるでしょう。手洗いに食器洗いなど便利に活躍してくれるため、一つは持っておきたいアイテムです。

アウトドア用ドライネット

Instagram:@rainbowmama721

キャンプで使用する食器干しはセリアでも購入できるようになりました。アウトドア用ドライネットは2段仕様で高さ34cm・幅30cmの商品になります。縦型のファスナーで開け閉めできるようになっているので、出し入れはとても簡単です。

また、どのポジションからでもきちんと水切りできるよう、均一な網のサイズになっているのが特徴的です。ソロキャンプであれば十分なサイズ感ですが、ファミリーでキャンプに行く際は3つほど用意しておくと良いでしょう。

キャンドゥ(Can Do)のおすすめキャンプグッズ

出典:PIXTA

食品や生活雑貨が充実しているキャンドゥは主に30代や主婦をターゲットにしており、機能性もデザイン性も満足できる商品が多いという特徴を持っています。そんなキャンドゥにも使えるキャンプグッズが多数揃っているのでご紹介していきましょう。

コンパクト薪ストーブ

Instagram:@2960dream.factory

枝や薪を使った火熾しだと火が大きすぎるという場合には、キャンドゥで購入できるコンパクト薪ストーブを使ってみてはいかがでしょうか?こちらは組み立て式になっており、使わないときはコンパクトに収納できるのがポイントです。

組み立てる前は一見ただの亜鉛メッキのプレートなのですが、パーツを組んでみると簡単に薪ストーブができてしまうのです。ただし、そのまま使用すると地面に直接火の粉が落ちてしまうので、ステンレストレーや焚き火用の保護シートなどを下に設置する必要があります。どちらもキャンドゥで販売されているので、一緒に購入しておきましょう。

バーベキュー用ミニ鉄板

Instagram:@zen_kawabito

販売開始してから人気の商品として注目されているバーベキュー用ミニ鉄板は、特にソロキャンパーにとって最適なギアです。サイズは8.4cm×13.2cmで小さめですがベーコンやウインナー、ステーキなどを一人分焼くのにちょうど良いサイズです。

また、鉄板の端には縁が付いているので、ステーキソースやタレを付けながら焼いてもこぼれにくい造りになっています。専用のリフターも付属しているので鉄板を火から移動する際も安心です。

折りたたみ式ミニコンロ

Instagram:@kbrk83

キャンドゥの折りたたみ式ミニコンロは固形燃料を入れて使用したり、小型のアルコールバーナーの上に設置して使用したりするなど、様々な使い方ができます。材質は亜鉛メッキで、コンパクト薪ストーブと同様に組み立てて使えるようにしていきます。

しかし組み立て方は非常に簡単で、板を織り込むだけの簡単な仕様です。組み立て後のサイズは高さ約5.8cm、幅約10.2cmとなっています。上に大きい鍋などを置くのは難しいですが、軽いアルミ鍋ならきちんと支えられ、小さなテーブル上やソロキャンプにも役立つでしょう。

焚き火用シート

Instagram:@takeuchikatsuaki

直火の火熾しが難しくなった今、キャンドゥの焚き火用シートは非常に便利な存在です。素材は燃えにくいガラス繊維でできているため、安心して使えるようになっています。サイズは30×30cmのためソロ向きではありますが、100円で購入できるので複数枚購入して使ってみるのも良いでしょう。

実際に使用する際にはステンレストレーの下に敷くのがおすすめです。煤をトレーが受け止めてくれるので、後片付けも楽になります。

アルコールバーナー用スタンド

Instagram:@higaeri2010

アルコールバーナー用スタンドもキャンドゥから販売されています。こちらはダイソーやセリアでも販売されていますが、よりコンパクトな設計で手軽さを実感できるようになっています。素材はスチール製で鍋やスキレットに直接触れる場所は凹凸の加工が施されています。

そのため、ちょっとした揺れでもズレにくく、安心して使えるでしょう。他の便利グッズと同様に組み立てて使用するのが特徴で、収納しやすいサイズまでコンパクトになります。フラットなプレートの状態でも幅15cmの小さなサイズなので、荷物がかさばるキャンパーには嬉しいアイテムと言えるでしょう。

100均でも購入できるキャンプグッズのまとめ

出典:PIXTA

今回は100均に絞って便利なキャンプグッズをご紹介してきました。100均には安いのに便利なグッズやギアがたくさん揃っています。

何を購入すればいいのか迷った時は、ぜひ今回ご紹介したグッズを参考にしてみてください。便利でお手軽な100均グッズを使って、お得にキャンプを楽しみましょう。

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選
キャンプギア・キャンプ用品

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選

年に1度のAmazonプライムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ…
キャンプ場紹介【関東】

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ…

「丸沼高原キャンピングバレイってどんなところ?」「群馬県でおすすめのキャンプ場はどこだろう?」「家族で楽しめるキャンプ場が知りたい!」 …

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選
キャンプギア・キャンプ用品

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選
キャンプギア・キャンプ用品

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

夏キャンの時期も間近!Amazonタイムセール対象の【焚き火台】5選
キャンプギア・キャンプ用品

夏キャンの時期も間近!Amazonタイムセール対象の【焚き火台】5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

夏の暑さ対策に!Amazonタイムセール対象のひんやりグッズ5選
キャンプギア・キャンプ用品

夏の暑さ対策に!Amazonタイムセール対象のひんやりグッズ5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

新着記事一覧へ