グランピングにはなにがあると良い? 必要な持ち物

この記事に関連するタグ

アイキャッチ画像出典:Photo AC

キャンプギアを自分で用意しなくても気軽にアウトドアを満喫できるとあって、年々人気が高まっているグランピング。その手軽さから「手ぶらで楽しめる」ともよく聞きますが、もちろんグランピングにも持参必須のアイテムや、あるとうれしいグッズなどがあります。

今回は、グランピングを思いっきり楽しむために必要な持ち物、おすすめの持ち物について解説していきます!「初めてのグランピングで何があればいいかわからない…」「さらに楽しむために持っていくべきアイテムを知りたい!」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

グランピングとは?

出典:Adobe Stock

「グランピング」は、英語で「魅力的な」という意味の「グラマラス」と「キャンピング」を組み合わせた造語です。自分でキャンプギアを購入する必要がなく、テントや寝袋などの重い荷物も持っていかなくてOK。最小限の準備で身軽に行けるのが大きな特徴です。

テント設営や火熾しなどの作業も不要で、食事の準備や片付けも基本的には施設のスタッフにやってもらいます。一般的なキャンプよりものんびり過ごすことができ、アクティビティで遊ぶ時間も多く取れます。

また、ベッドやエアコンが完備されているところが多く、アウトドア初心者でも安心して宿泊できるところもポイントです。便利で快適なホテルステイと自然を満喫できるキャンプの『いいとこどり』を叶えてくれます!

グランピングで借りられるものは?

出典:Adobe Stock

グランピング施設では、テントやコテージ内にベッドが備え付けられているので、自分のテントや寝袋、マットは不要です。調理器具や食器類、テーブル、チェアなど、食事シーンで使うものも一通りそろっています。

また、タオルやアメニティなどの洗面用品も、部屋に備え付けられているか、フロントで貸してもらえるところがほとんど。基本的には、キャンプというよりもホテルに泊まりに行くようなイメージで荷造りすれば良いでしょう。

ただし、施設によって設備は異なるので、詳細は事前にウェブサイトなどを確認するようにしてくださいね。

グランピングに必要な持ち物

出典:Adobe Stock

「手ぶらで楽しめる」というイメージがあるグランピングですが、施設にはないものや、自分で持っておいた方が安心できるものもあります。以下を参考に、持ち物の準備をしてみましょう!

着替え

せっかく自然が豊かな場所でグランピングするなら、思いっきりアウトドアを満喫したいですよね。施設によっては、アスレチックや野菜の収穫体験などのアクティビティができるところもあります。遊んでいるうちに汗をかいたり汚れたりすることも多いので、動きやすい着替えを何着か用意しておきましょう。

日焼け止め・帽子

屋外で過ごす時間が長くなるグランピングには、日焼け止めや帽子などの紫外線対策がマストです。時間帯や場所によっては日差しでまぶしいこともあるので、サングラスを持っていくのもおすすめですよ。

雨具

山の天気は変わりやすいので、天気予報で降水確率が低くても、念のために雨具を持っておくと安心です。滞在中の過ごし方にもよりますが、カッパなどの両手があくものがあると便利です。

スマートフォン

出典:Photo AC

ほとんどのグランピング施設では電波が入り、スマートフォンも普段通り使えます。写真を撮るのに使いたいのはもちろん、万が一の事故や体調不良などの場合にも備えて、外部とすぐ連絡がつく状況にしておいた方がよいでしょう。

充電器

自由に電源が使えるグランピング施設も多くあります。滞在中にスマートフォンやカメラの電池を切らさないよう、充電器を忘れずに持っていきましょう。

洗面用具

一通りのアメニティが用意されているグランピング施設も多いですが、洗面用具は必要に応じて持っていくようにしましょう。とくにスキンケア用品などは、普段使い慣れているものの方が安心かもしれませんね。

救急セット

救急セット 携帯用救急箱 救急バッグ ポイズンリムーバー 防災笛 緊急応急セット 防災セット ファーストエ...

こちらも施設によっては用意されていますが、アクティビティの最中でもすぐに使えるよう、自分でも持ち歩くようにしましょう。傷口に使える絆創膏やアルコール綿のほか、いつも服用している薬も入れておくと、より安心です。

虫よけグッズ

虫こないアース 虫よけスプレー [玄関灯・外壁に 450mL]

自然のなかで長い時間過ごすことになるので、虫よけグッズはぜひ持っておきましょう。身体に使う虫よけスプレーに加え、部屋への虫の侵入を防ぐものもあると、対策は万全ですね。念のため、虫刺されに使うかゆみ止めの薬もあると良いでしょう。

ウェットティッシュ

食事のときだけでなく、アクティビティで手が汚れたときなど、持っておくと何かと重宝します。持ち運びできるサイズの除菌ジェルもあるとさらに良いですね!

追加を検討したい!グランピングの持ち物

出典:Unsplash

必須ではないものの、あればさらにグランピングが盛り上がる、おすすめの持ち物をご紹介します。荷物に余裕があれば、ぜひ持っていきましょう!

飲み物

お酒やジュースなど、施設で用意されている量が足りなさそうな時には持ち込みを検討しましょう。自由に飲料の持ち込みができる施設もありますが、なかには別途で持ち込み料金がかかってしまうところもあります。事前に施設に確認するようにしましょう。

食材

食材も、持ち込み自由の施設、持ち込み料金がかかる施設があるので事前確認が必要です。また、施設やプランによっては調理器具だけを貸し出し、食材の用意がない場合もあるので、その場合は持参が必須になります。近くに買い物ができるスーパーなどがあるか、しっかり調べておきましょう。

ランタン

出典:Photo AC

グランピング施設には、真っ暗な夜でも充分な照明が用意されている場合がほとんど。ですが、お気に入りのオイルランタンやガスランタンを持っていけば、アウトドア気分をより一層高めてくれるはずです!

ルームウェア

パジャマは施設によって用意の有無がまちまちなので、事前に確認しましょう。日中過ごす服装は動きやすさ重視のアウトドア仕様になるので、ルームウェアはとことんリラックスできるものや、写真映えするかわいいものを用意するのもいいですね。

ポータブルスピーカー

【改善版】Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)【完全ワイヤレスステレオ対応...

自然の中でお気に入りの音楽を流せば、食事やお酒、みんなとのおしゃべりもより楽しくなります!これから購入するなら屋外で使うことも考え、防水性能がしっかりしているものを選ぶと良いでしょう。他の部屋との距離が近い場合には、音量に気を付けてくださいね。

水着

グランピング施設によっては近くにプールや海があり、SUPやラフティングなどのアクティビティを楽しめることも。季節や場所によってはぜひ持っていきたいアイテムです。また、施設でのお風呂の利用に必要な場合もあるので、その際は必ず持っていくようにしましょう。

アクティビティグッズ

出典:Photo AC

自然の中でまったり過ごすのも贅沢ですが、「せっかくなら何かして遊びたい!」という方は、ぜひアクティビティグッズを用意していきましょう!誰でも簡単に楽しめるアクティビティグッズとしては、バドミントンやフリスビー、シャボン玉などが人気です。

まとめ

出典:Photo AC

快適に過ごせるサービスや設備が整った中で、同時に自然も満喫できるという、なんとも贅沢な体験ができるグランピング。これからキャンプを始めたい方がアウトドア入門としてトライしてみるもよし、キャンプ経験者がたまには自然の中で贅沢な時間を楽しんでみるもよし…このように誰もが心地よく楽しめるのも、グランピングの魅力です!

キャンプよりも圧倒的に荷物が少なく手軽に楽しめるグランピングですが、設備の事前確認と必要な持ち物の準備はしっかりして、100%楽しめるようにしましょう!

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 うのさく

愛しのSUZUKIハスラーとあちこち出かけています。夫または友人と2人キャンプがメイン。焚き火を眺めながらのビールが大好き

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »