【SOTO】コンパクトで火力の安定性◎キャンパーの味方、ST-310!

この記事に関連するタグ

キャンプアイテムを購入するときに、バーナー選びに悩まれる方は多いのではないでしょうか。
私はキャンプ時の荷物を最小限にしたいのと、寒さや風に強いバーナーが欲しいと思っていました。
そんな時に見つけたバーナが今回ご紹介する、SOTO ST-310 レギュレーターストーブでした!

スペックと外観

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

品番:ST-310
広げた時のサイズ166×142×110mm
畳んだ時のサイズ:140×140×70mm
重量:350g
発熱量:2.9kw(2,500kcal/h
燃料種別:CB缶

五徳を畳むことができるので、とてもコンパクトになります。五徳を広げてもコンパクトです。五徳で全体を支えているので安定感抜群です。

SOTO ST-310
五徳を畳んだ状態
SOTO ST-310
五徳を広げた状態

CB缶とOD缶の違い

CB缶

ソト(SOTO) パワーガス 3本パック ST-760 [HTRC 2.1]

CB缶はカセットガスボンベの略です。
ご家庭のカセットコンロなどでよく目にされるかと思います。スーパーやホームセンターなどで手軽に購入でき、1本100円程度と低価格で販売されています。

形状は細長い筒状のガス缶で容量は250g程度。
屋内での使用については問題ありませんが、屋外の使用では寒さに比較的弱いので火力にやや不安があります。
しかし、ST-310で使用するSOTOパワーガスは寒冷地でも火力を落とさずに使用できるので安心です。

OD缶

ソト(SOTO) パワーガス250 トリプルミックス SOD-725T

OD缶はアウトドアの略です。
CB缶とは形状や規格が異なり、OD缶は専門店や日曜大工用品などの店舗で販売されていることが多く、価格はCB缶の5倍程度の600円前後です。

ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ SOD-300S キャンプストーブ OD缶用 シングルバーナー キャンプ...

容量は110~500gまでと幅広く、形状は背の低いドーム状となっています。
使いやすさですが、アウトドアでの使用を前提としているので火力は安定しています。
耐寒性も高く、キャンプなど野外で使用する環境では問題なく使えます。

ST-310のおすすめポイント

五徳がしっかりしている

五徳の直径が13センチあるので、直径19センチまでの鍋を載せることが可能です。2~3人の料理であれば、ST-310一つで充分でしょう。

CB缶が使用できる

これはかなり燃料の節約になります。簡単計算で約燃料代は1/5程度まで抑えられるのではないでしょうか。

寒冷地や強い風でも安定して使用できる

SOTO ST-310
ハンディの扇風機を直接バーナーに当てても火が消えることはありません
※危険ですので、真似しないでください。

多少の風が吹いても火が消えることはないので、安定した火力を確保できます。

カスタムパーツで自分仕様にできる!

カスタムパーツが豊富にあるため、好みのパーツを組み合わせることでオリジナル感が出せます!
長年愛用できるアイテムになるのではないでしょうか。

■レッグカバー

SOTO ST-310
専用のシリコーンカバーをつけることで滑り止めになり、五徳の安定性が向上します

五徳全体が熱くなるため、耐熱のチューブを付けて熱さ対策をしました。
また、滑り止めにもなるので五徳の安定性も向上します。

■点火アシストレバー

SOTO ST-310
出典:SOTO

点火スイッチがバーナーの真下にあるため、再度点火させるときは注意が必要でした。
アシストレバーを付けると、指先ワンタッチで点火させることができるので便利ですよ。

■風防

SOTO ST-310
出典:Amazon

風には強いバーナーですが、メスティンなどで炊飯をするときに安定した火を当てたかったので購入しました。予想通り風など問題なく安定して使用できました。

注意点

テーブル上で使用する場合

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ ロールテーブル ケース付 M-3713 アウトドア用 折りたたみ式

五徳がバーナー全体を支えているため、長時間加熱すると五徳自体が熱くなります。
テーブルの上でST-310を使用する際は、アルミテーブルなど耐熱性のあるものを選びましょう。

再点火する際は、要注意!

SOTO ST-310

点火スイッチがバーナーの最下部にあり、スイッチがやや硬いです。
最初の点火は熱くないため問題ありませんが、再点火する場合は注意しましょう!

まとめ

コンパクトで火力が安定しており、キャンパーの味方でした!
特に料理をよくされる方にはおすすめのバーナーではないでしょうか。
是非、購入を検討してみてください。

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 かりまチャンネル

色んなことを気にしないで外で自由に過ごすことができる。それがアウトドアですね。この思いを忘れずに今を乗り切りたいです。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »